喘息っ子とママののための入園準備ガイド

入園前にできれば済ませておきたいこと

このページでは、入園前に済ませておけばよかったな〜って思ったこと、
済ませておいて良かった!と思ったことなどを私の経験から書いてみました。

生活のリズムを作る

まずは、入園に向けて、生活リズムを整えることから始めました。
4月になって突然リズムが変わることで、
体調を崩すきっかけにしたくなかったからです。
ちょうど上の子が幼稚園に通っていたので、その時間帯に合わせて、
少しずつ少しずつ、同じ生活ができるようにしていきました。

一番最初にしたことは、薬を飲む習慣ををつけることです。
毎日朝晩、薬を飲み、吸入をする。このリズムを親子ともに身につけるようにしました。
薬の場所を決めて、子どもにもわかるようにし、
子どもにも手伝いをさせるようにしました。
吸入の仕方、回数、吸入器の使い方なども教えて、
自分で吸入の準備ももできるようにしていきました。
また同時に、薬の名前やどうしてこの薬が必要なのかも教えていきました。
こうすることで、息子にぜんそくであることを自覚させ、
薬を飲まなければという意識を高めるようにしました。
私がうっかり薬を忘れたときも、「ママ薬は?」と自分からいうようになり、
親子で協力しあう体勢が自然とできました。

また、調子が悪いとき、咳が止まらなくて苦しいときなど、
不調を感じたら自分から大人に伝えられるように教えました。
おうちにいるときはママやパパ、幼稚園に行ったら先生に言うんだよ、とも教えました。
とはいっても、まだ『苦しい』がわからない時期でしたので、
これは思ったより大変でしたし、難航しました。

ちょうど冬の寒い時期でしたので、ぜんそくのコントロールも難航していました。
少しの咳や風邪でも予約を取り、先生の診察に行くことにしました。
そうすることで、受診のタイミング、発作止めの薬を入れるタイミングを知り、
どの時点で入れればいいのか、わが子のタイミングを必死に覚えました。
ぜんそく手帳をつけ、小さな変化も記録しておき、
発作が起こる前の様子も気をつけるようにしました。

何度も何度も失敗を繰り返し、もう少し早く薬を使おう、
もう少し早く受診しよう、などとアドバイスを受けながら、
「お母さん、上手にコントロールできましたね」と言われたのは
入園から数ヶ月たってからのことでした・・・笑

また、記録を後で読み返すことで、発作が起こるポイントやきっかけが
少しずつですがつかめるようになってきました。

生活のリズムを作るポイント

   ・薬を飲むことを習慣にする。
   ・ぜんそく日記をつける。

Copyright (C) 2007〜2012 喘息っ子とママのための入園準備ガイド. All Rights Reserved.
SEO