喘息っ子とママののための入園準備ガイド

幼稚園生活に向けて、私が努力したこと

息子を受け入れてくれる幼稚園が決まってからは、
息子が楽しい幼稚園生活を送れるように、私も努力を始めました。

まず、4月の入園を目指してぜんそくのコントロールを行いました。
そのために、ぜんそくについてもう一度よく勉強し直しました。
小児喘息について書かれたパンフレットや書籍を読み漁り、
住環境の整備も思い切ってやりました。
かかりつけ医に相談して、入園に向けてのコントロールの仕方を
詳しく教わって、発作を起こさない生活を目指しました。
(詳しくは入園にむけての生活で書いています)

ぜんそくの状態を正しく把握する


入園に向けて、息子のぜんそくと改めて向き合いました。
今どんな状況でどれぐらいの重症度なのか、
どんな薬をなんのために使っているのか、
これから何に気をつけて、どう生活していけばいいのか…

調べていたら、ショックなこともたくさんありましたが、
おかげで自分がどうすべきかという道のようなものも見えて、
どちらかというと、前向きに考えられるようになった気がします。

先生に、息子の状態をわかりやすく説明するために書いたレポートは、
夫や祖父母たちにも、息子のぜんそくについて理解してもらうための
よい参考書、よい機会になりました。

息子と私だけでなく、家族みんなで入園に向けての準備がスタートできたのです。

私が読んだぜんそくについての本


小児気管支喘息治療管理ハンドブック 2007 (2007) 小児気管支喘息治療管理ハンドブック 2007 (2007)

最新版の小児気管支喘息の治療ガイドラインです。
治療のことを理解し、方向性を相談するのに役立ちます。



小児気管支ぜん息―克服のポイントと具体的な支援方法を学ぶ 小児気管支ぜん息―克服のポイントと具体的な支援方法を学ぶ

こちらも読みやすい本ですが、内容は少し厳しいかもしれません。
入園に向けて気を引き締めるのに、いいお手本となる本でした。



最新図解よくわかる小児ぜんそくの本

図がたくさんあり、わかりやすい本ですが、
2003年発行のため、薬の種類などで古い情報のものもあります。
息子も時々開いてみています。



お母さんのためのやさしい小児喘息の自己管理

とても読みやすく、わかりやすい本です。
息子と過ごす機会の多い実家の両親にも読んでもらいました。

Copyright (C) 2007〜2012 喘息っ子とママのための入園準備ガイド. All Rights Reserved.
SEO