喘息っ子とママののための入園準備ガイド

ぜんそく発作が起こる原因

子どものぜんそくの約9割は、アレルギーが原因と言われています。

過敏になってしまった気管支は、運動や冷たい空気、タバコの煙など、
少しの刺激で発作を起こしてしまうようになってしまうのですが、
一番の原因はやっぱりアレルギー反応です。

アレルギー反応は、皮膚が弱い人であれば、アトピー性皮膚炎、
鼻が弱い人はアレルギー性鼻炎、気道が敏感な人ならぜんそくとして現れます。
アレルギー体質の子は、いろいろなアレルギーの病気を持っていることが多く、
その病気のほとんどはもともと同じ反応で、あらわれる場所が違うだけなのです。

  

アレルギー反応の仕組みとアレルギーマーチ

人間には、体の中に入ってきた細菌やウイルスなどの病原体から
からだを守る『免疫』という働きがあります。
この免疫が、食べ物やダニなどに対して、過剰に反応してしまうことを
『アレルギー反応』と呼んでいます。
様々な種類があるアレルギーの病気ですが、
実はみんな同じような仕組みで起こっているのです。

子どものアレルギーの特徴として、成長するにつれて
いろんなアレルギー症状が出たり、
消えたりしていく、という特徴があります。
これを、マーチ(行進曲)にたとえて、アレルギーマーチと呼んでいます。

例えば、赤ちゃんのときに食物アレルギーやアトピー性皮膚炎になると、
1〜3歳ごろに気管支ぜんそくになり、少し大きくなると今度は
アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎になる、といったケースです。


アレルギーマーチを食い止めるには?


やっかいなアレルギーマーチですが、予防できる可能性があります!
それは、アレルギーになりそうな原因をシャットアウトすることです。

例えば、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんは、その原因が食物アレルギーであっても、
将来ダニアレルギーになりやすい、という傾向があります。
ダニアレルギーは気管支ぜんそくを起こす可能性があるので、
ぜんそくの症状が出る前に、早めにダニ対策を取り、
アレルギーマーチが進まないようにするのです。

つまり、アレルギーの子どもやその家族には、
早め早めの予防や対策が大切、ということになります。

Copyright (C) 2007〜2012 喘息っ子とママのための入園準備ガイド. All Rights Reserved.
SEO