喘息っ子とママののための入園準備ガイド

小児ぜんそくって?

小児喘息って診断されちゃった…     でも、小児喘息って何?どんな病気なの?

小児喘息と診断されたら、まずはママが勉強しましょう!
きちんと勉強して理解し、正しい治療を進めていけば、
小児喘息は必ず、良くなっていきます。

小児喘息ってどんな病気?


ぜんそくは、正確には『気管支喘息(きかんしぜんそく)』といい、
気管支がせまくなって空気が通りにくくってしまい、
息苦しい発作が繰り返し起こる病気です。
「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という音や「ゼロゼロ」という音がするのが特徴です。
また、咳がでたり、粘り気のある痰(たん)が出たり、
ひどい発作になると、話ができなくなったり、意識がなくなったりすることもあります。

呼吸をするときのことを考えてみましょう。
私たちが吸った空気は、のどを通って気管に入り、左右の気管支に分かれます。
さらにそこから細かく枝分かれした気管支を通り、最後に肺にはいります。
この空気の通り道を、『気道』といいます。

喘息の発作とは、この気道のトラブルです。
何かの刺激をきっかけに、気管支がギュッと縮まって空気の通り道を狭くします。
すると、気管支の内側の壁も腫れてむくみ、さらにそこに痰(たん)が増えてからみつき、
空気の通り道をもっと狭くしてしまいます。

ポイントは、気管支が外側からも内側からも狭くなるというところです!
「ゼーゼー」や「ヒューヒュー」「ゼロゼロ」というぜんそく特有のこの音は、
狭くなった気管支を、空気が通る音なのです。

ぜんそくっ子の気道はどうなっているの?


ぜんそくっ子の気道は、とても敏感になっています。
「気道の過敏性」というのですが、この原因は『気道の炎症』です。
ぜんそくっ子の気道は、発作のときだけでなく、常に炎症を起こしています。
いったん発作を起こすと、気道の炎症が悪化して気道が敏感になります。
そのため、健康な子なら何でもないようなちょっとした刺激、 例えば運動や冷たい空気、
タバコの煙などに敏感に反応して、発作を起こしてしまうのです。

炎症を治すために、気管支の中では炎症によりむけてしまった気管支の皮を
治すように働き始めます。怪我したときにかさぶたができるようなイメージです。
これを何度も繰り返していると、気管支の内側にある膜が厚くなったり、
外側の筋肉も分厚くなっていき、発作が起きてないのに
空気の通り道が狭くなっている状態になってしまいます。

つまり、一度炎症(発作)が起きたあとは発作が起きやすく、
さらに発作が起こりやすい状況を生んでしまうため、新たな発作が起きやすく、
発作を繰り返してしまう、という悪循環に陥ってしまうわけです。
ぜんそくを悪化させる一番の原因は、この発作なんです。
つまり、ぜんそくを良くするには、この発作を起こさないようにすることが
一番のポイントになることを覚えておきましょう!

Copyright (C) 2007〜2012 喘息っ子とママのための入園準備ガイド. All Rights Reserved.
SEO